VC PTN 2515224 パチスロ〜ライフ: 朝イチから攻める設定推測例
新着記事

2008年11月15日

朝イチから攻める設定推測例

モーニング設定が自粛されてから朝イチに並ぶメリットが以前ほど感じられないここしばらくですが、それでも人気のホールでは多くの人が朝イチから並んだりしています。
それは信用度の高いイベントだったりが傾向として多いですが。

それでも天井のある機種では宵越しでリセットされても天井ゲーム数は引き継がれる機種もあるのでそういった台を確保するために朝イチから平常日に並ぶメリットもまだまだあるのが現実です。

まあそれはさておき朝イチから並んで勝率を上げる方法の例をここではご紹介したいと思います。→ranking





まず朝イチからパチスロを打ちに行く際の勝率の上げ方ですが、かなり地道なものです。
ホールの特徴、設定師のクセ等、行きつけのホールのデータを地道に収集して設定上げ狙い、高設定据え置き狙いと、勝つためのデータ集めに尽力するという方法です。

素人では限界がありますが、それでもノープランでホールに行くよりは何倍も勝率は上がると思います。

前日から狙い台を絞っておけば朝イチに行くメリットも十分ありますし、何よりこれから打とうって時に台のデータを見る時間を極力減らせるので多少ですが稼働率も上がります。

時間のある人は地道に前日の閉店前に狙いの機種のシマのその日のデータを見たり、ホールによってはデータロボが置いてあるのでデータロボでビッグ回数、出玉推移、差枚数など、収集できるでーたは多い法がいいので収集して下さい。

これはもちろん日数が多いほうがより信用度も上がりますが、僕のようなフリーターじゃない限りそんな暇はないと思うので、例えばホームページでその日のビッグ回数や出玉推移を載せてるホールだったり、仕事帰りにちょろっとデータロボで確認したり。

特にホームページに乗せてる所は家でもできるので重宝しましょう。

さて、データが揃ったらなんとなくホールの特徴が掴めてくると思うのですが、今日はここに設定を入れてくるだろう、とかここのホールは据え置きの傾向が強いから前日好調だった台を狙ってみようだとか色んな策が浮かんできます。

過去3日のデータしかなくてもないよりましです。

例えば

例1

3日前・・・低設定っぽくて出玉も悪い
2日前・・・低設定っぽくて出玉も悪い
1日前・・・低設定っぽくて出玉も悪い
 当日・・・設定上げ狙い

例2

3日前・・・低設定っぽくて出玉も悪い
2日前・・・低設定っぽくて出玉も悪い
1日前・・・高設定っぽくて出玉も良好
 当日・・・高設定台据え置き狙い

例3

3日前・・・低設定っぽくて出玉も悪い
2日前・・・高設定っぽいが出玉は悪い
1日前・・・高設定っぽいが稼動が悪い
 当日・・・高設定台据え置き狙い

等です。

狙い台が取れたら設定差のある小役をカウントしながら自分の狙い通りかどうかを確認して下さい。

こういった立ち回りを続けることでデータは増えていきますし、答え合わせのようで楽しいです。
そして何より小役をカウントすることで精度も増します。
一石投じて何羽ものメリットがあります。

ぜひ試してみて下さい。[PR]究極攻略カウンター 勝ち勝ちくん2.0




【関連する記事】
posted by てんちゃん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち回りプチ指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

よかったら応援クリックお願いします!ポチっと押してやって下さい!
↓↓↓
ブログランキングにほんブログ村 スロットブログへ